イチオシ作品

アマテラス

『アマテラス』 心がふわり 浮遊感 漂う 幽霊 存在してまだ 息をする 身体 なじめなかった 弱かったんだ 不適合でした さよなら さよなら 改札口を抜けたら 通り雨のにおい 一心不乱に息を吸う けれど 光りのあたらない 万華鏡の中 閉じ込めた 邪魔だよって モノは 転がる身体 痛みの乱射 何千回 駆動が止まる 役目を終えた 今日の出来事は 誰にも会えず消えていく どうしたら よかったんだろう どうしても わからない まま 神様 僕は死にました 今もひとりぼっちです 万華鏡の中 内側にいます 哀れみまみれで 前も後ろも暗闇です 崩れた 僕の足下 消えたい だけど 消えたくないよ どこかに だれか いませんか 会いたい けれど 自分しかいない どこだよ ここ 光をくれ 飛び込んだ 先に僕が 求めたモノ これじゃない 例えば 天照らす 光になれたら 苦しいことなど 何もないはずだろう  身体は僕を知っていて 何千年と受け継いで 手と血を繋いできたんだ 太陽のある場所で 信じてきたんだ ずっと 分かち合ってきたんだ 生きている「時」があることで 光を超える 神速を持って 瞬く命 それが心 大好きだった こと 思い出して 光になれる それが心 やっと気付いた 帰るべき所に 駆けつけたいと思い出した あなたの前で 生きる誰かが 生き抜くために あなたもいる 僕も居たい そうで在りたい 命がある 「今」のうちに 例えば天照 光になっても 行方を表す 太陽は僕だ 改札口を抜けたら 通り雨のにおい 一心不乱に息をする けれど 慣れない呼吸が 過去の 僕を締めつけたこと 何度も感じたよ

2018年1月9日投稿「アマテラス」の歌詞です!
投稿日時 : 2018/01/09 22:50

最近の投稿作品 (64)

▲TOP